コスメデメディカル

初めてグリーンピールを受ける人はまずカウンセリングから。グリーンピールにはいろいろと守らないといけない注意事項があるので、肌の状態を確認したり、持病の有無やアレルギーの有無などを確認してもらい、グリーンピールのビデオを見てから、施術を受けます。カウンセリングや質問をしたりしていると最初は1時間くらいかかるので、時間に余裕をもって予約しましょう。 私が通っているコスメデメディカルさんではかんたんなカウンセリングは予約時に電話で確認してくれました。もともとブロガーさんから情報は得ていたので、当日は受けたいメニューも決まってたので施術まではさほど時間がかかりませんでした。

グリーンピール5daysってどんなフェイシャル?

グリーンピール5daysのハーブの塗布

グリーンピールは5daysは、海外ではグリーンピールクラシックと呼ばれています。グリーンピールのメニューはいくつかあって、皮膚に導入するハーブの使用量がメニューによって変わってきます。

グリーンピール5DAYSは一番ベーシックなメニューなのですが、使用するハーブの量が最も多く、5日間顔が洗えないというのが特徴です。
そのかわり肌がピカピカになるパワーもすごい!

顔が洗えないだけでなく、汗も掻いてはいけないので、5日間は湯船につかって汗を掻いたり、運動して汗を掻いたりすることはできません。でもお風呂に入ってはいけない訳ではなく、顔を濡らさなければ、入ってもOK。ただ髪の毛を洗うのは一苦労です。

なぜなら、顔が濡れてしまうと、毛穴から入れ込んだハーブが汗や水とともに流れ出てしまうからです。

グリーンピールは毛穴にハーブが刺さった状態であることが重要で、ハーブが皮膚の中にある状態を長く保つことで肌の活性化をしてくれます。

顔が洗えないというのはちょっと不潔に感じますが、なれてしまえばさほど気になることもないです。顔を洗えない代わりにローションでふき取り、クリームを塗るといったアフターケアが必要になります。

朝の洗顔ができず、目が洗えないので不便ですが、私はコップに水を入れて、目の近くに傾けて目を洗ってます。アイボンみたいなのを買ってもいいと思いますよ。

グリーンピール5daysの施術の流れ

  1. クレンジングと毛穴洗浄

    スーパーソフトクレンズ、ジェルスーパーピュリフュアントでクレンジング。保湿効果の高いクレンジングクリームとジェルで丁寧に洗浄します。

  2. ふき取り

    クレンジングをした後、タオルでふき取り、ハーバルケアローションで肌を整えます。

  3. ハーブの導入、マスクをして15分ほど浸透

    いよいよハーブを導入。ムースで滑りをよくしたハーブを2~3回に分けて毛穴に入れ込みます。痛みとの戦い。ハーブの入れ込みが終わるとマスクをしてコンセントレートを注ぎハーブを肌に浸透させます。

  4. ふき取りとクリーム塗布で仕上げ

    ハーブをスポンジで取り除き、ハーバルケアローションで肌を整えます。スペシャルケアクリーム、ブレミッシュバルム、オプティマムプロテクションクリームを塗って仕上げ。

この流れが短いようで一つ一つ丁寧に施術してくれるので長いです。(90分くらい)首はそれほどでもないのですが、額やこめかみ、頬、フェイスラインのハーブ導入時は結構痛いです。マスクをしている際に、水分補給みたいなものをされるのですが、肌がジンジン腫れあがっていく感じで、毛細血管がドクドクいっているのが聞こえてきそうなほど肌の変化を感じます。

グリーンピール5daysのハーブ導入後のマスク

グリーンピール5daysコンセントレートを注いだマスク

グリーンピールのハーブを肌の奥に浸透させるためにコンセントレートという液体をこのマスクの上から浸透させます。これがまた不思議で、このマスクの水分を肌がぐんぐん吸い取っていってしまうんですよ!もうホントからっからの植木鉢の土のように、肌が水を飲んでいるような感じです。途中でコンセントレートを追加しに来てくれるのですが、水が流れるかのようにたっぷり注いでくれるんですが、すぐに吸い取られていくのがわかります。ちなみにこの時は肌がジンジンとしていて、肌が生き物のように反応しているのがわかります。

グリーンピール5daysハーブ導入直後の肌の様子

グリーンピールアフタートリートメント

こちらの写真はハーブを導入して、マスクをした後の肌の状態。かなり赤くなっているのがわかりますよね。痛そうな顔してます(笑)。肌もパンパンに腫れてますが、マスク後はドクドクは収まっています。ハーブを肌からスポンジで取り除いてからハーバルケアローションでふき取るときがちょっと痛いです。

グリーンピール5daysの直後クリームを塗った後の様子

グリーンピールアフタートリートメント

肌の皮下組織の毛細血管が噴火しているかのように活性化していて毛穴がかなりパッカリ開いています。クリームを塗るとこんな感じで目立ってますが、帰宅した時にはこの毛穴パッカリ状態はかなり収まっています。グリーンピール後は毛穴の開きとブレミッシュバルムが浮いている感じが気になるので即効帰宅しています。

グリーンピール5DAYSを受ける前に知っておきたいこと

グリーンピールの5daysを受ける前に知っておくことは。

グリーンピールは専用コスメでのアフターケアが必須なことです! グリーンピールはシュラメックのコスメでアフターケアが必要です。

シュラメックとはドイツの皮膚科医が開発したドクターズコスメ。

ハーブや植物系由来のオイルを主成分としたクリームや軟膏代わりに使える、元祖BBクリームといわれる、ブレミッシュバルムを使ってアフターケアをします。

このアフターケアは最初の2日間は2時間おきに塗り直しが必要で、その後は必要に応じて塗り直しをします。

グリーンピール5daysでは、専用のシュラメックコスメを使うことで、肌の再生を促し、つるんぷりんの肌をつくってくれます。

グリーンピールはハーブをリンパの流れと毛穴に添って、導入します。

ムース状になったハーブを入れ込んでいくのですが、これがとても痛いのです。しかも当日は髪の毛が触れるだけで痛いと感じるほど、肌は赤くなりますし、少し腫れます

この腫れとヒリヒリを緩和するのがハーバルケアローションブレミッシュバルムスペシャルケアクリームなのです。

最初はヒリヒリして腫れ物に触るかのような痛さがありますが、何回か塗り直しをすると、痛みもヒリヒリ感もなくなっていきます。

皮が剥離してくるとかゆみが出る場合がありますが、掻いてはダメです!

1日目のシュラメックコスメの塗り直し

グリーンピールを受けた当日は施術から2時間おきにシュラメックのローションとクリームの塗り直しが必要です。

施術直後は肌が火照って、少し腫れている感じ。

ブレミッシュバルムを塗るので、赤みはそこまで目立ちませんが、肌が活性化しているためかクリームが浮いている感じがします。

なのでよくよく見ると、いつもの自分のメイクみたいな感じにはなりませんが、ポイントメイクしかできないので、私はいつも施術後はそのまま帰ります。

マスクもしてしまうとハーブが外に出て行ってしまうので、マスクはできません。

なのでいつも家に直帰してます。

家に着くころには腫れやほてりもだいぶ収まっていますが、塗り直しをするときは、1回目~4回目くらいはヒリヒリと痛いです。

髪の毛が肌に触れてもちりちりする感じ。

なのでローションでのクリームふき取り、その後またクリームを塗るのが結構大変。クリームを顔全体にのばすのがヒリヒリ痛いんです。

だからこれでもか!ってくらいたっぷりのクリームをたっぷり使って、指が肌に触れないくらいにクリームの上を撫でて伸ばす感じで塗ってます。(私の場合むらになっても気にしません)

塗りすぎは枕とかにブレミッシュバルムの色がついてしまうので、5days中はタオルとかを枕に引いて寝た方がいいかも。

クリームやローションはケチらずにたっぷりつかった方が私は効果が出る気がします。
乾燥肌の人で初めてグリーンピールを受ける人は特に、ローションもクリームもぐんぐん肌に入っていって、すぐにクリームが乾燥してくるので、たっぷり使った方がいいと思いますよ。

肌のヒリヒリ感は翌日にはかなり収まります。

初日ははじめてグリーンピールを受ける人には体験かもしれないですが、剥離後のプリプリン肌になったら、この1日も我慢できます。